東海地区NO.1の医療ブランディング会社を目指して

東海地区NO.1の医療ブランディング会社を目指して

女性がイキイキと働ける会社を目指す

「愛と感謝で世の中をまるくする」という経営理念(目的)に近づくために、ビジョン(目標)を定めました。

最初に「東海地区ナンバーワンの医療ブランディング会社になる」。

そして、「女性がイキイキと働ける会社」になります。

 

次のステージは「東海地区ナンバーワンの事業を3事業創る」。

そして、「東海地区で1番お母さんが輝く幸せな会社」になります。

 

さらに次のステージ「東海地区ナンバーワンの事業を10事業創る。」

そして、「日本で1番お母さんが輝く幸せな会社」になります。

※詳しいビジョンは、こちら>>

 

まるのメンバーは半数が「働くママ」です。

男性と女性を区別するわけではありませんが、女性が働きやすい=男性も働きやすいと考えています。

男女ともにライフイベント(結婚・出産・育児・介護など)があるなかで、仕事を両立しながら無理なく働き続けられる職場とは何か?を常に追求しています。

女性の労働力率は、未だいわゆるM字カーブを描いています。

結婚・出産・子育て期に当たる年代(20代〜30代)に一旦低下し、育児が落ち着いた時期(30代後半〜40代)に再び上昇するのは、どちらかを選んだらどちらかを諦めなければいけない雰囲気があるからなのではないか?と思うわけです。

まるはそれをやめたい。M字の凹むところが無い状態にしたい。

そして、ライフイベントも仕事も選べる。そんな状況を作っていきたいのです。

例えば、妊娠してつわりが酷かったら

「つわりがひどくて・・・」

「休んでいいよ!変わりにやっとくで〜!」とお互いに気軽に言える状態。

そして落ち着いたら戻ってこれる職場でありたい。

例えば、親が病気になったら「思う存分付き添ってあげて!あとは任せて〜!」と頼れる仲間がそばにいる。

こんな状態を今もこの先もずーっと、当たり前にしたいと思っています。

一人で苦しいことがあったら、仲間で分け合える。

そのためには、やっぱり話して、話して、とことん話して、お互いに理解することが大切なんじゃないかな〜と思います。

業務連絡だけでは、見えてこない悩みが女性の職場にはたくさんあると思うから。

弱みも強みも言える環境をずっと守り続けていきたいですね。