まるについて理念・ビジョン

理念とは、存在理由とその最終目的。
理念とは、存在理由とその最終目的。

まるの理念
愛と感謝で
世の中をまるくする

  • 「愛すること、感謝すること」

    この2つのキーワード。
    大人になると忘れがちになりませんか。

    愛と感謝は、人が幸せに生きるために必要不可欠なもの。
    大切な家族や仲間、そして自分のことも愛すること。
    無いものを見るのではなく、あるものに感謝すること。
    人はみんな完璧じゃないから。

    不完全な自分も認め、開き直ることなく、
    周りに「助けて」と言える人であること。

    「助けて」とSOSを出した時、
    周りが助けたくなる人であること。

    私達は愛と感謝をベースに、
    まるに関わるすべての人の物心両面の幸せを満たしていきたい。
    まずは身近な家族や仲間から。

  • 「まるくする」

    売り手である【まる】
    買い手である【クライアント】
    世間である【社会】

    みんな方向が同じになることで”まるく”なる。
    そんな意味も込めています。

    売り手の都合だけで商いをするのではなく、
    買い手が心の底から満足し、
    さらに商いを通じて地域社会の発展や福利の増進に貢献する。

    そして経営者だけでなく、共に働く仲間、お客様が
    お互いに良い関係でいられる状態。

    それが私達の目指す「まるくする」という状態です。

大切にしている考え方まるの行動方針

  1. 01

    三方良しのビジネスを実践する。

  2. 02

    全社員の物心両面の幸せを追求し、自己尊重感を満たし、
    自分が好き、働く場所や人が好きという人を輩出する。

  3. 03

    お客様のお困りごとを起点に考え、目の前のお客様に全力を出す。

  4. 04

    自分も家族も仲間も大切にする。でも結果にもこだわる。

まるのビジョン

私たちが目指す最終的な目的は「愛と感謝で世の中をまるくすること」。
そのためには、自分も家族も仲間も大切にしながら結果の出せる状態を作る必要があります。
この理念を実現するため、まるでは会社全体の目標として、短期・中期・長期にわたるビジョンを展開しています。

  • 短期ビジョン(2023年)

    短期ビジョン(2023年)
    事業目標

    東海地区ナンバーワンの医療ブランディング会社になる

    2023年8月までに、東海地区でナンバーワンの医療ブランディング会社になること。

    数値目標:売上1億、利益 1,000万、正社員15名

    目指す姿

    女性がイキイキと働ける会社になる

    仲間(スタッフ)の結婚・出産・子育て・介護など、様々なライフスタイルでの喜びや悲しみを、一緒に乗り越えていけるチームになる。女性が自分のキャリアを諦めなくて良いチームになる。

  • 中期ビジョン(2029年)

    中期ビジョン(2029年)
    事業目標

    東海地区でナンバーワンの事業を3事業創る。

    2029年8月までに、東海地区でナンバーワンの医療ブランディング会社のほか、2つの分野で東海地区ナンバーワンになる。その分野は、現在の顧客のお困りごとを解決する事業であること。

    数値目標:売上10億、利益1億、正社員100名

    目指す姿

    東海地区で1番お母さんが輝く幸せな会社になる。

    東海地区に、まるの経営が認知され始める。
    子供を産み、育児をしながら働く母親に選ばれる東海地区ナンバーワンの会社になる。
    独身女性にも将来のキャリアプラン、ライフスタイルを考えた時に、この会社ならば、自分のやりたいことと育児を
    諦めなくて良いと選んでもらえる会社になる。

  • 長期ビジョン(2035年)

    長期ビジョン(2035年)
    事業目標

    東海地区ナンバーワンの事業を10事業創る。

    2035年8月までに、東海地区でナンバーワンの事業を10個創っている。この分野は、現在の顧客のお困りごとを解決する事業であること。

    数値目標:売上100億、利益10億、正社員1,000名

    目指す姿

    日本で1番お母さんが輝く幸せな会社になる。

    日本全国に、まるの経営が認知され始める。
    子供を産み、育児をしながら働くお母さんに選ばれる日本一の会社になる。日本の出生率アップにも貢献する。
    仕事のために、子供を諦めなくて良い環境、子供の育児のために仕事を諦めなくても良い環境を創る。
    最終的には、まるで働くお母さんが、自分の子供を入社させたいと思えるような会社になる。