まるメンバー先輩の働き方

まるメンバー 先輩の働き方

ライフステージに合わせて働き方を変えていこうという取り組みを行っています。
ここでは3人のまるメンバーの働き方をご紹介します。
入社前の不安や今現在の想い、将来の展望を語ってもらいました。

広告会社勤務を経て、結婚を機にまるに入社。
パートから正社員に。
出産・育休を迎える今、思うことは?

なおちゃん

なおちゃん

2018年中途入社

正社員・デザイナー

元広告会社勤務。結婚を機にまるに転職。
試用期間(パート)を経て、正社員へ。
11月に出産予定。産休・育休を控え、休職後は 勤務形態を話し合いながら復帰予定。

インタビュー概要

  1. 1. 結婚したばかりの状況で正社員を目指すことへの不安があった。
  2. 2. まるを選んだのは「ここなら大丈夫」と思えたから。
  3. 3. 同じ悩みを持つ人に向けて「あきらめなくていい」「両方できる」ことを体現していきたい。
  4. 4. 「仕事が楽しい」「好きなことを仕事にした」タイプの方へのメッセージ。

入社前はどんな不安がありましたか?

私の転職理由は「結婚をした」ことです。
独身時代は激務の広告会社勤めでした。業界歴は10年。100%仕事に打ち込み、家には寝に帰るという状態。
そのまま結婚生活を迎え、当然ですが、家庭のことが何もできないという問題に直面しました。

そんな中でも、私自身は「これからは夫と一緒に家庭を作っていきたい、その範囲内で仕事も一生懸命やりたい。」
という希望をはっきりと持っていたし、これまで積み上げてきたWEBデザインやディレクションの経験が活かせる
ような会社で働き続けたいと思っていました。

その点、まるは同業種だし、まだ新しい会社というのもあって、「みんなで働き方を考えよう。家庭を大事にしながら成果を出そう。」としているのが伝わってきたので、応募に踏み切りました。

一般的には、妊娠すると休職せざるを得ない状況になってしまうので歓迎されにくい、という風潮がまだまだある
ように思います。まさに私は結婚したばかりで、「出産も含めてこれから家庭を育てていこう」というスタンス。
そんな状態で正社員になりたい、というのは大丈夫だろうか?という大きな不安がありました。

実際に入社してみて感じたことは?

実際に入社してみて感じたことは?

まるの理念は、愛と感謝で世の中をまるくする。
理念にも経営方針にも心から共感していましたが、最初は 「本当にそんな会社あるんだろうか」という気持ちで 会社説明会へ参加しました。

そして、「結婚したばかりで家庭も育てたいし、正社員で働きたい。大丈夫だろうか?」と、感じていた不安を素直 にぶつけてみた時に、 皆が「良い質問ですね!」「いいね!」と言ってくれて・・・

更にしまちゃんが 「大丈夫です。そうなった時にどうしたら一番良い形で一緒に働いていけるか、みんなで考えていくよ!」と言ってくれました。

その言葉で、ここなら安心して子供を産めるし、仕事も一生懸命出来ると思えたことが、私の入社の決め手になりました。
入社して1年経った今でも、まるが掲げている理念や行動方針と現実とのギャップは、ほとんど感じられないです。

これから目指す自分の姿を語ってください。

昨年のインタビューで、「2019年内に妊娠したい。そうなった時に、出勤でも在宅でも変わらず仕事ができる環境を整えたり、みんなで協力し合えるような関係づくりをしておきたい。」と言っていました。
・・・なんとすべて実現しました!11月に出産を控え、親になろうとしています。

妊娠中期である現在、月の半分以上を在宅勤務にさせていただいていますが、問題なく仕事を進められています。前もって宣言をしたからこそ、自分もやらなきゃという気持ちになったし、何よりまるメンバーが協力し てくださっているおかげだと思っています。

次の課題は、産後の復職に向けての準備です。
いわゆる浦島太郎状態にならないよう、チャットワークのテキストコミュニケーションだけではなく、zoom で朝礼や全体会議に参加して、現場の空気を感じながら生身のコミュニケーションを定期的に取ることを意識 していきます。

実は希望もあって・・・まるをもっと成長させたいです。
そのためには、「まるでなら輝けそう!」「まると一緒に成長したい!」という方と仕事がしたいです。

仕事が楽しいタイプの方は、男女問わず、結婚・出産などで環境の変化を迎えた時、「このままで良いのか?転職か?キャリアが途絶えてしまうのか?」など悩まれる方が多いのではないかと思います。
でもそういう方は、「本当はこうありたい」という自分の意志を持っているはずです。
そういう方にこそ、安心して自分のビジョンの話をしていただきたいです。

まるに入社してから、「こうしよう」と決めたことがどんどん実現していきます。
これからもそういう環境であることを体現していきたいです。

もちろん、仕事に対する責任感がベースになければ成立しませんが、まるでは「制度を押し付けられる」ということがないので、「三方良し」の精神に従って行動すれば必ず実現できる環境です。
まずは1人で抱えずに、自分の心を素直に打ち明けてみると、何か変わることがあるかもしれませんよ。