まるメンバー先輩の働き方

まるメンバー 先輩の働き方

ライフステージに合わせて働き方を変えていこうという取り組みを行っています。
ここでは3人のまるメンバーの働き方をご紹介します。
入社前の不安や今現在の想い、将来の展望を語ってもらいました。

産後、子供が6ヵ月の時に応募。
両立に悩みながらも子連れ出勤を卒業し
フルタイム勤務になった今、思うことは?

あずあず

あずあず

2017年中途入社

パート・事務アシスタント

産後、子供が6ヶ月の時に応募。
仕事と子育ての両立に悩みながら子供を預ける決断をし、フルタイム勤務へ。2月に第二子を出産予定。育休後は勤務形態を話し合いながら復帰予定。

インタビュー概要

  1. 1. 子供を見ながら仕事をすることへの不安があった。
  2. 2. 入社してみて「母親1人で頑張るのではなく、皆で頑張る」というスタンスで良いのだと実感した。
  3. 3. 子連れ出勤をしたからこそ分かる苦悩や、同じ立場の人に寄り添えることがある。
  4. 4. 仕事もライフイベントも楽しみたい!

入社前はどんな不安がありましたか?

入社前の不安は大きく2点です。
「1点目は、子供と同じ空間にいてきちんと仕事の成果が出せるのか。
2点目は、職場にいる間、子供が楽しく過ごせるか。

この2点の両立ができなければ、子連れ出勤をするのは難しいと感じていました。
一般的な子連れ出勤のように、託児所があって専任の保育士さんがいる、子供と大人の過ごす部屋が区切られていることもなかったので、子供のことは自分が100%見る必要がある。かつ、その中で仕事の成果も出す必要がある。という点が不安でした。

実際に入社してみて感じたことは?

実際に入社してみて感じたことは?

「母親1人で頑張る」ではなく「皆で頑張る」というスタンスで良いということです。

子供の母親は自分だけ。だけど、子供に我慢させたくない。それに仕事の成果もきちんと出したいと思いつつ、初めて行う仕事も多い中での両立は、簡単なことではありませんでした。
子供を我慢させたら仕事が少しできた、子供の対応に追われていたら仕事があまりできなかった、そんな日が多かったことも事実です。

そんなママ達のために、子連れママの1人が全員の子供のママ役を担う「ママ制度」を作ってくれたり、業務内容をそれぞれの「得意・好き」を活かせるような振り分けをしてくれたり、その都度、改善を繰り返してくださり気持ちが救われました。代表のお二人、子連れ出勤をする人もしない人も、全員で、子連れ出勤を支えていただいていたと思います。
そのおかげで、まだ8ヶ月の息子と(多いときは)週4日の子連れ出勤を続けられました。

子供のこと、仕事のことを一緒に悩める子連れ出勤の仲間や、その悩みを吸い上げてくれる代表のお二人、仕事中でも子供の相手をしてくれる仲間がいたから、まるの子連れ出勤は成り立っていたと思います。

私は結局、仕事に集中したいという気持ちが強くなり、幸い子供もすぐ預け先に慣れてくれたので、今は子連れ出勤をやめています。
子連れ出勤をやめて気付いたことは、子連れ出勤時は頭の意識の割合が80%以上子供に割かれていたということです。子連れ出勤中のママみんながそうだというわけではありませんが、私は仕事に集中しているつもりでも、無意識のうちに80%以上、子供のことを考えていたことを実感しました。子連れ出勤をやめて、仕事に100%集中できるようになってからは、仕事の速さも精度も確実に上がっています。これは子連れ出勤をしてみないと分からないことだったので、子連れ出勤をまるで挑戦できて本当に良かったと思います。

このように私が働き方を変えることができたのは、代表お二人がスタッフの悩みや希望に寄り添い、その都度お互いにとってベストな方法を考えてくださるからです。
また、一緒に働く仲間同士でもお互いを思いやり、支え合える環境だから、悩みを共有しやすく、自分を犠牲にしない働き方ができる環境がまるにはあると感じています。

これから目指す自分の姿を語ってください。

ライフイベントも仕事も楽しんでいる自分で居たいと思います。
仕事をすることが好きだし、人生の大半を占めるのは仕事なので、その仕事を楽しめるようになっていたいです。
そのための素敵な仲間はもう居てくれているので、そんな仲間をもっと増やすこと、自分の能力を上げ、自信をつけること、自分の得意・好きを活かせる仕事をすることを目指していきたいと思います。

具体的には、私はタイピングと接客が好きなので、お客様先への訪問、議事録作成をし、お客様とのやり取りも直接できるようになっていきたいです。
そして代表のお二人を支える仕事として、採用関係だけでなく総務・財務関係の仕事も積極的にしていきたいと考えています。

また、子供ももっと欲しいですし、子供の成長に伴ったイベントも出てきますので、それはそれでしっかり楽しめるよう、仕事だけではなく家庭も大事にしていきます。

そしてこれは願望に近いですが、私は地元の福岡が大好きなので、いつか「まる福岡支店」を立ち上げて、大好きな家族がいる大好きな地元で仕事・子育てを楽しみたいです!!