まるの学校 第2講

まるの学校 第2講

どうも、こんにちは。まるの学校教頭の鎌形です。

本日も幹部育成プログラム「まるの学校」を開講いたしました。

第2講から1名増えて、4名の仲間とともに、 一日学びを共有しました。

さて、第2講の本日のテーマは「自己理解」について。

部下を導いていくためには、リーダーシップがとっても重要です。

でも、そのリーダーシップを発揮するためには、

「自己理解」がとっても重要になってきます。

自分を理解した量しか、相手を理解することはできません。

自分にはどんな癖があって、 どんな才能があるのか?

どんなリーダーシップが自分にはあっているのか?

島田校長のファシリテーションの元、

それぞれの自己理解を深めていきました。

毎回の校長の準備にも、拍手!!!
本当にありがたいです。

まるには、本当にたくさんの才能、個性を持った仲間がいます。

一人ひとりが持っている才能は違います。

ある人にとってはめちゃくちゃ得意なことも、 ある人にとってはそれがめちゃくちゃ苦手なことだったりします。

それぞれの才能、個性によって、リーダーシップの発揮の仕方も異なってきます。

そんなお互いの違いを認めつつも、 お互いがどのように感じ、どのような気づきを持ち、どうやって行動していこうとしているのか。

これを共有できることは、一人で学ぶよりもずっと価値のあることです。

仲間の数だけいろんな価値観や捉え方を勉強できるので本当にありがたいです。

今回の自己理解で、お互いの相互理解も深まりました!

 

 

それぞれの気づきに対しての、フィードバック。

しまの視点と、かまの視点がそれぞれに違くて、

運営側もとっても楽しいです(笑)

準備にはとっても時間がかかりますが、

その分、みんなと向き合うことができて、

とても大切な時間になっています。

一人ではできないことだよなあ。

と改めてしみじみ。

仲間の存在に感謝です。

みんなと共通言語が増えていくことも、 とっても嬉しいですね。

 

さて、今日のお昼ご飯はしま校長の特製カレーです。

みんなで同じ釜の飯を食う。

改めて大事なことだなぁと感じます。

料理を作って提供できるのも、古民家ならではの良さでもありますな。

大人が集中して勉強している間は、子供たちの外遊びです。

今日の私の1番の仕事は、子供たちの相手をすること。

かママです。

しかしまぁ、世の中のママさん達は本当に凄い。

数時間、本気で遊び相手をしただけで、

もうヘトヘトです。

でも、2人の成長を感じることができてとっても楽しい時間でした。

そして、いつも、仕事にユーモアを与えてくれる子どもたちに改めて感謝です。

子どもがいると、良い意味でメリハリがつくんですよね。

仕事一辺倒の仕事って、やっぱり楽しくないです。

仕事にユーモアがないと、楽しさって半減すると思うんです。

楽しさが半減した結果、成果も半減すると思います。

今ある目の前のことに、楽しさを感じる。

遊びをちょっと足してみる。

遊びばっかりじゃ仕事にはなりませんけど、

仕事ばっかりじゃ、辛いだけだなぁ〜と。

だから、ユーモア、楽しさを

これからも追求していきたいです。

で、そのユーモアと楽しさの師匠は、子どもたちだなぁと思います。

今日もたくさん笑わせてもらいました。

ありがとう!

そんなこんなで、無事、まるの学校第2講が終了しました。

これからも毎月1回、みんなと共に成長の場として継続していきたいと思います。

今後のまるの成長にご期待下さい!

仲間とともに、まるは前進するのみ!