子連れ出勤開始のジレンマ

子連れ出勤開始のジレンマ

アシスタント2名が入社が決定し、いよいよ本格的な子連れ出勤がスタート。

オフィス内に子どもがいる状況で、どのように業務を遂行していくか?というのは、実際に自分たちで実践をしていかないとわからないものです。

まず第一の課題は・・・・「限られた時間を意識して仕事をする」ということでした。

子どもたちが寝ている時間にいかに集中して業務を終わらせるか?

ただ、業務が終わればいい・・というわけでもなく、仕事に慣れないうちは、第三者からフィードバックを得て、修正をし、お客様に届けられる状態にしないといけません。

まさに、業務が先か?子どもが昼寝から目覚めるか?のタイムアタックです。

 

時間が限られていると焦る・・

焦ると仕事の精度が下がる・・

子どもが寝ている間になんとかしないと・・・

自分の子が他の人に迷惑をかけないか・・

あれ?私もっと仕事できたはずなのに・・

こんなジレンマが最初に訪れます。

 

子どもと一緒に仕事をするというのは、本当に大変。

だけど、この両立ができるようになれば、もっとお母さんたちが活躍できる場所は増えるはずです。

お母さん一人で抱え込まない状況をつくり、チームでどうやって解決していくか?

まるは今、それを学ばせていただいています。

 

お母さん一人が寝かしつけをしなくたっていい。

自分の子どもを第三者に任せることは勇気がいることですが、SOSを出す練習になると思います。

これは、仕事も同じかと。

自分ひとりで全部やろうとするとパンクする。

助けて〜!といえる雰囲気を作っていくことが、チームで仕事をする基盤づくりになるのではないかと、子連れ出勤を通じて教えてもらっています。

・・ということで、昼休みの時間は、子どもたちと一緒に全力で遊び、疲れさせよう大作戦を遂行中。

大人も外の空気を吸い、適度な運動もできるので、気分転換になっています。

結果は・・・

大人たちの勝利!寝たー!!!!( ·ㅂ·)و ̑̑ヨッシャー!!!

午後から、大人たちは集中タイムです。