子連れ出勤Q&A

この度は、数ある会社の中から株式会社まるの採用ページをご覧いただきありがとうございます。

現在、ありがたいことにたくさんの方から応募を多数頂いております。

また「子連れ出勤」に関してのお問合わせも多数寄せられているため、Q&A式でお答えします。

現在、まだ小さい子どもがいます。よく動き回るので、子どもが事務所の方に迷惑をかけないか心配です。

お母さんが気になるところだと思います。

まず、事実をお伝えすると、子連れ出勤をする場合、生産性は間違いなく下がります。

子連れ出勤は、良いことばかりではありません。会社として、出勤するスタッフの生産性だけで考えれば、生産性は下がります。今は、ママ制度という取り組みを行っており、複数の子連れ出勤スタッフがいる場合には、一人のスタッフがママとなり、全員のお子さんの面倒をみます。そして、それ以外のスタッフは集中して業務に取り組む、などの工夫をしております。

 

独身者の働き方と比べてしまうと、子連れ出勤ママの生産性が下がることは当然のことです。でも、それ以上に、子連れ出勤ならではのメリットを感じているので、子連れ出勤を採用しています。それに子どもはいつかあなたの手を離れます。だから今は生産性が低いこともありますが、工夫次第でなんとでもなります。

人生を長い目で見れば子育て期間中は信頼関係をより築くことができる最高の時間とも言えるでしょう。

このかけがえのない時間を有意義に過ごすにはどうしたら良いのかを考えていただけたらと思います。

 

だから、心配しないで、どんどん迷惑をかけてください(笑)

ただ、みんなの職場なので、独りよがりの考えや迷惑を省みない方などはバンバン指摘をしますけどね。

 

結局は「お互いさま」「相手の気持ちを考えた行動をする」という気持ちが大切なのかなと。

お互いのことを考えながら、みんながよりよい働き方を見つけていけたらと思っています。

子どもの目線で考えたらじっとしている方が難しいですからね。

迷惑をかけてしまうのでは?という罪悪感ではなく、「どうすればみんなが居心地の良い空間にできるか?」を一緒に考え、積極的に自ら実行していきましょう。ここでは「誰かが何とかくれるだろう」というスタンスではなく「一人一人が職場を作る」という意識を持っている人たちの集まりです。受け身の人はいません。

 

会社を維持、発展させていくためには、結果を出すことが求められます。結果を出すことというのは、目の前のお客様に喜んでもらうということです。お客様に喜んでもらった量が、そのまま売上に反映されます。私達は、自分も家族も大切にしながら、結果も出すことにこだわっています。この両方を追い求めることは、正直、とても大変です。創業者の鎌形や島田は、過去の経験で、結果を追い求めるあまり、自分や家族を犠牲にした経験があります。だから、自分も家族も大切にしながら、そして結果も出すことにこだわっています。

 

大事なのは、優先順位です。

私達が考える優先順位は、

【1】自分も家族も大切にすること。

【2】その上で、どうしたら結果が出せるかを試行錯誤し行動をしていくことです。

 

この優先順位で、自分も家族も大切にしながら、結果を出すことにもこだわっていきたいと思います。

 あくまでも、子連れ出勤は、仕事あっての子連れ出勤です。順番が逆にならないようにしてください。

 

また事務所内ではみんなで子育てをしているという感覚です。子どもが泣いたら手が空いている人があやしたり、電話をしている時は静かになるよう配慮したり、気遣いをしていないと仕事が回りません。

お母さんが「申し訳ない」という気持ちで働くのではなく、子どもがお母さんを見た時に「楽しそう!」と思えるように働ける環境を作るのが私たちの役目だと思っています。

 

少し厳しい言い方にはなりますが、子連れ出勤を保育園や託児所のかわりと考え、仕事に対する価値観に違和感を感じる方は不採用とさせていただいておりますので、考え方からまず変革をしていきましょう。

 

子どもが小さいので、通勤は車を考えているのですが、近くに駐車場はありますか?

特段の事情がない限りは公共交通機関での出勤をお願いします。

駐車場は2台ありますが、軽自動車やコンパクトカーサイズの駐車場となりますので、お近くのコインパーキングを利用して頂く形になります。事務所に通う頻度、勤務形態に応じて、提携駐車場は増やしていくことも検討しております。

子どもがまだ小さいのでお昼休みの時間帯に、ご飯を食べないこともあると思います。食事や授乳の面で心配です。

お昼の時間は、各親の判断にお任せしています。基本的には、その日のママ担当に昼食も任せています。

赤ちゃんの場合は、食事の回数は決まっていないと思うので、臨機応変にいきましょう。最近は、子どもの食事の時間に合わせて、11時頃に早弁することもあります。「子どもがいるから仕事ができない」という考えはここでは成り立ちません。仕事をしながらどうやったら子どもたちに我慢させないのか、これは永遠の課題ですが、できるようになる方法をみんなで考えて実践していきましょう。授乳中の方は授乳スペースがありますので臨機応変に部屋を使ってください。

おむつはどこで替えたら良いですか?

事務所内で変えやすい場所で替えています。

出勤時間を通勤ラッシュ時間からずらしていただきたいのですが

朝と夜の通勤ラッシュは、子どもと一緒ではかなり大変だと思いますので、相談の上、出退勤時間を決めていきましょう。健康第一・お母さんはニコニコが合言葉です。あなたがこれから先、どのような働き方をしたいのか、今の子どものことだけでなくあなた自身の将来の希望などもぜひお聞かせください。お母さん自身のキャリアも考え働く時間、頻度も考えて行けたらと思っています。

汚したらみんなで片付けて。

原状復帰と次工程はお客様が合言葉。

 

笑顔の日はみんなでわっはは。

泣いたらみんなで、笑いましょ。

残業なしでみんなで、かーえろ。

それでは元気にまたあした!

 

そんな職場です。

 

あなたもここで才能を活かしませんか?!

ヤングな先輩たちも後輩ができることを楽しみにしていますよ♪

ご応募お待ちしております!